スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザーズタワーの表紙 

『那子さま3』……231枚まで。
3章終わって送付。4章目に突入。戦闘開始! といった
感じの所です。

早川書房さんの「マザーズ・タワー」ですが、表紙も完成した
ので、公開します。描いてくださったのは「すずきめい」さんです。



詳しい内容は以下のとおりです。
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/124642.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
〈ハヤカワSFシリーズ Jコレクション〉
教祖・葵飛巫女の卓越した指導力で、国際社会に影響力を持つ『マザーズ教団』。
その真の目的を知った4人の男たちが、全てを賭け 軌道エレベータ建造に挑む! 
架空戦記の俊英、初の本格SF長篇

西暦二〇三八年、スリランカ―インド間を結ぶ巨橋を拠点とする《マザーズ教団》は、
難病の子どもたちの末期医療に従事していた。教団代表の葵飛巫女はインド州軍
の襲撃を予測し、巨橋を崩壊させて教団ごと避難する決意をする。攻撃開始の日、
それぞれの理由で巨橋に居合わせた4人の男たちは、飛巫女の素顔と、人類の未来
を左右する真の目的を知った。医学、財産、電脳、怪力――それぞれの要素に恵まれた
男たちは、彼女のため命と才覚のすべてを賭け、太陽系最大の建造物・軌道エレベータ
の建造に挑む! 架空戦記の俊英、初の本格SF。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

とまあ、そんなお話でございます。SFマガジンをお読みになった方はお判りと
思いますが、これは「帝国の聖戦」シリーズの100年後くらいのお話です。
なつかしキャラが何人か出てきますので、ぜひよろしくお願いいたします。


・本日読み直した本



横山光輝 三国志

コミックス60巻を再読中。
こちらは入手しやすい文庫版。
魯粛さんが可愛くて好き(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshidachikashi.blog53.fc2.com/tb.php/228-5c1e3cf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。