スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書を書く2 

新作ライトノベルズの企画書をあーでもないこーでもないと練り直す。ここは一つ悩む前にとっかかりを書いてみたい誘惑に駆られる。しかし同時進行X本は僕のキャパを超えていると判明。ちょっと思考方法を逆転しなければならないかもしれません。

DVDで「アミスタッド」を観る。「ルーツ」に「裁判劇」を併せたような感じ。裁判劇だけのことはあり、全編台詞ばっかりです。こういう映画は吹き替えがいいかも知れませんね。監督スピルバーグだけのことはあり、残虐場面には容赦がありません。しかし展開は平凡? というより、脚本がendシーンへ向けて一直線なので、ちょっと醒めてしまうのですな。あとアンソニー・ホプキンスがやたらちっちゃく見えた。最後に南北戦争の場面がワンカットだけ出てきますが、あのシーンのためだけに撮ったんだろうなあ。


・昨日読んだ本



孤独のグルメ

不思議なマンガです。主人公の中年男が
定食屋やカレー屋などに出向き、
ただゴハンを食うだけの話でオチも
意味もあんまりないように思えます。
しかしそこがイイ! 
回転寿司屋で注文を聞いて貰えず
しょんぼりする場面など大笑いです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshidachikashi.blog53.fc2.com/tb.php/24-570d56d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。